とまとの構築記事掲載予定地

にわかエロゲーマーの戯言。いつかレート2000達成構築掲載予定…

アールジュネス 西又葵&鈴平ひろ来場イベントに行ってきました

 f:id:tmt120per:20170718102654j:image

 

 今日は日曜日にアールジュネス日本橋店の西又葵先生、鈴平ひろ先生来場イベントに参加して来たのでそのレポを書きたいと思います。2人は僕の大好きな『つり乙シリーズ』の原画を担当なさってる方々で、ここでしか聞けないつり乙トークも聞けるとのことだったので参加した次第です。あともう一つ参加した理由があって、下のツイートを見てルミねえのポスターが貰えるなんて行くしかねぇ!ってことで行ってきました。

 

 かなり長くなったのでイベントのことだけ見たい方はイベント詳細から読んでください。個人的には爆弾発言!?だけ読んで貰えれば満足です。

 

 

 

 

初めてのエロゲショップ

 イベントは4時半からだったのですが、1時には日本橋に着いたのでかなり時間ができてしまいました。そこでアールジュネスに行く途中にあったソフマップに入店。ソフマップのアダルトゲーム売り場に行ってみました。

実は今までエロゲは通販またはDL版を購入していたので店に入ったのは初めてでした。もうそこら彼処に乳首があってちょっと笑ってしまいましたね。別に何も買う予定は無かったのですがChusinguraのファンディスクが中古で安かったので買っちゃいました。

そんなに状態も悪くないのにAmazonマーケットプレイスで出品されてるものの最安値より安かったので驚きました。他にもユースティアが安かったので書いたかったのですが今回は我慢。今までは通販で買ってましたが、店で買った方が安いのも多いのは覚えておかないといけませんね。 

 

いざアールジュネス

 ソフマップに行った後は本命のアールジュネスに。アールジュネスは店の3階にあり、1、2階はタペストリー中心に扱ってるお店でした。3階に行く前に1、2階を見て回り同人誌を購入。これはペリグラバーの時にペリカンさんに差し入れようと思います。

 

 買い物終わった後に3階に行ったのですが、受付でアンケートに回答。何処で店を知ったか?年齢、職業に答えると緑色のシールを貰い、服に付けるようにとのことでした。店に入ると一面に版画が。お値段を見ると30万〜50万円^^。やべーところに来てしまったと思いました。昔ペリカンさんが放送で「つり乙の版画展やってるから行ってみたら値段がヤバかった」と言ってたことを思い出して「この店のことだ…」と震えました。

 

 店の中には他にもお客さんがいたのですが店員さんとマンツーマンで商品の説明や「つり乙」の雑談。お客さんが椅子に座って目の前に版画をセット。ライトを当てて商品の説明をしていました。そのお客さんの服には赤色のシールが! そう恐らくシールの色は客の購買力を示しているのです。アンケートで学生と答え、恐らく購買力0と見なされて緑色のシールを渡された僕は1時間店を歩き回っても店員さんに一言も話しかけられませんでした…。僕と同じような年齢で緑色のシールのお客さんも同じような扱いだったので恐らく間違いないでしょう。中には店に来た途端「〇〇さん!お久しぶりです!」と話しかけられているお客さんもいました。一体いくら使ってるのか。

 

 商品はどれも素晴らしく美しかったのですが、正直この絵1枚でPS4やswitch10台分以上と考えると、一体何処にお金がかかってるのか不思議でした。ただルミねえの版画(30万円)を見た瞬間、いくら払ってもこの版画が欲しい以外の感情がなくなったので値段なんて意味のないものですね。30万円なんて今の自分にはとても払えないんで、購入しなかったんですけど僕が30万円払える頃(数年後?)でもルミねえの版画は買えるのでしょうかね?  店員さんの話を聞けてないんで作り方とか一切分からなかったんですが、注文して印刷?するとかなら数年後でも買えますよね? 人生の目標が一つできました。

 

 イベントの時間が近くなると人も増え、最終的には100人以上になってたと思います。周りを見た感じ30代くらいが1番多く、僕と同じ20代前半の人は全然見当たらないので場違い感が凄く不安でした。イベント開始直前に入場整理が始まったのですが赤シールの人が優先らしく、僕ら緑シールと青シール(青シールの基準は恐らく社会人?赤シールは常連?)の人は1度下の階に降りるようにとのことでした。ここでもシールの色で区別されるのかと驚きました。しかもポスターは数に限りがあるので貰えなくても大人の対応をと言われ、青シールの僕の分のポスターはあるのか不安で仕方なかったです。結局入場時にポスターの引換券が貰えたので一安心でした。

 

イベント詳細

 以下はイベントでの話の内容で印象に残ってるものを簡単に。事前に受け付けていた参加者の質問にお2人が答えていく形式でした。

西=西又葵 鈴=鈴平ひろ

 

Q「お互いが担当してるつり乙キャラで描きたい人物」

西「りそな。ゴスロリを描いてみたい」

鈴「パル子。服が可愛いから」

 

Q「つり乙キャラの制作秘話など」

西「パル子はライターさんからきゃりーぱみゅぱみゅ(原宿系)のイメージでとのことだったので色々調べた。髪の盛り具合が大変だった」

鈴「エストはアイルランドの分かりやすいイメージが思い浮かばなくて大変だった。ケルト編み?(三つ編み)からキャラを作っていった」

 

Q「2人が描いてきた娘たちで1番のお気に入りは?」

西「今は朔莉。アルプラザを控えてるから朔莉への思いを高めてる」

鈴「今はりそな。りそなをもっと押していきたい」

答えにくい質問なのでお2人ともかなり気を使って答えてました。(特に鈴平先生)

 

Q「朝日と衣遠、どっちがつり乙のヒロイン?」

西&鈴「衣遠はメインキャラ喰う勢いだけどヒロインではない(笑) やっぱり朝日」

 

Q「つり乙でなりたいキャラは?」

西&鈴「思いつかない。みんな結構大変そうだし。とりあえず遊星にはなりたくない(笑)」

 

Q「作業中に欠かせないものは?(BGM、飲み物など)」

西「バラエティ番組をつけっぱ」

鈴「年を取って集中力がなくなったのか最近は何もつけない。昔はゲームの戦闘BGMとか流してた」

 

 今ぱっと思いついたのはこれくらいです。あとは西又先生にカメラや猫の質問があった気がします。結構雑な筆問が多かったので、僕もルミねえの誕生秘話とかを聞けば良かったと激しく後悔してます。ルミねえの話題はほとんど無かったです;;

トークの後はプレゼント抽選会。残念ながら当たりませんでした。

その後は鈴平先生からポスターを無事受けとって終了。ポスターは折角なので飾りたいです。

 

 

爆弾発言!?

 イベントの最後にお2人の告知のコーナーがありました。西又先生が個展を開くことや、コミケ情報、来週にもイベントがあることを告知した後、つり乙シリーズ次回作の月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA』についての話があったのですが西又先生から「冬頃に出ると思う」との言葉が!僕は今回のイベントで1番驚きましたね。発売周期的に来年5月前後かなと思ってましたから。

でも確かに先日『月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA』のティザーサイトがオープンしたんですよね。『月に寄りそう乙女の作法2.1 ES×PAR』の時は今年の1月にサイトがオープンして発売したのは4か月後の5月。エスパルと同じ周期なら7月にサイトがオープンしたアルプラザの発売は11月?流石にそれは早すぎると思うのでもう少し間が空くとしても12月から2月くらい?確かに冬発売だ!とりあえず冬発売を目指してるというのは間違いなさそうです。

僕は今1番楽しみにしているのは月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA』の発売なので、それが思っているより早そうというのは凄く嬉しいです!

とりあえず今は公式的な発売日の告知を待って居ようと思います。ストーリー紹介や予約についても早く知りたい......

 

無駄に長くなってしまいました。今回はこの辺でやめておきます。読んでくださった方はありがとうございました。